子どもが出来ると本当に車が必要になる

我が家では最近、車を親戚から譲り受け、乗るようになりました。
それまでは遊びに行くときやちょっと遠くへ買い物の時は電車やバス、自転車などを利用していました。
小さい子どもが二人いるので、車がなかった頃はそれは移動は大変ですし、たくさんの荷物を持って帰るのも一苦労なので買い物も満足にできませんでした。
しかし、車が来てからは、遊びに行くにも買い物に行くにもとても便利です。
子どもが寝てしまっても抱っこする必要もないですし、買い物も量を気にせずにすることが出来るので、余計な心配をしなくてよくなりました。
それに雨の日でも気にすることなく出かけられるのも良いところです。
しかし、家計的には、車に乗ることで出費が多くなってしまい、とても頭が痛いところです。
ガソリン代、駐車場代、税金、保険、車検代…車を維持するには本当にお金がかかるんですよね。
でも、お金はかかりますが、子どもが小さいうちはやっぱり車があった方が楽なので、家計をやりくりしながら車を維持していこうと思います。

 

維持費はかかりますが手放せません

車の維持費って高いですよね。
毎年5月にやってくる重量税、車検にガソリン代、保険料に駐車場代・・・。

 

ちなみに我が家の愛車はエスティマ。
重量税は45000円。
半期に一度オイル交換は7000円ぐらい。
車検はもうすぐやってくるけど、80000円ぐらいの見積もりが来てます。
年間保険料がやっぱり80000円ぐらい。
駐車場とガソリン代で月20000円。
ざっくり計算すると、車の維持に38万円ぐらいかかっていることになります。
タイヤも交換すると、一本20000円也。

 

今まで、計算したことなかったんですけど、結構かかってます。
車を手放して、タクシーを使った方が安いとかっていうのも利くのですが・・・。

 

でも、やはり自分で好きに使える車というのは手放せないです。
うちの場合、小3を頭に年長、1歳と3人の子供がいるので移動に車は欠かせません。
小3の習い事の送り迎えや幼稚園行事の参加などで毎日乗らざるを得ない現状。
確かに電車やバスを乗り継いでいけば子供のためにもなると思うんですが、そんな悠長な生活スタイルではないのでやはり目的地に最短距離で迎えるのは魅力的。
且つ、荷物が多いのも子持ちの特徴。
やはり、自家用車は手放せません。