燃費の良い車で選ぶべき

 車の乗り換えを考えています。今は普通のガソリン車に乗っているのですが、最近多くなっているハイブリッドカーに乗り換えようかなあと考えています。そこで先日初めてハイブリッドカーに試乗しました。試乗したのはプリウスα。ハイブリッドカーはエンジンをスタートしても最初はモーターで動き出してばらくするとエンジンがかかるのですが、これが新鮮でした。さらにバッテリーが充電されると走行していてもエンジンが止まり、モーターだけで走行したり、どれもが初めての体験でした。 
 ハイブリッドカーは燃費がいいのですが、私は車が好きでエンジン音がしないことにとても違和感を感じました。私は休日しか運転しませんし、燃費が多少悪くてもあまり気にしないので今まで通りガソリンエンジンの車でいいのかなあと思いました。モーターやバッテリーが搭載されている分価格が高めで、バッテリーも年月がたつと劣化してきて燃費が悪くなるというのも気になりました。

 

ハイブリッドカーは本当に得なのか?

最近は、ガソリン代が高等してきているので、車の燃費を気にする方はとても多くいます。
最近の車はとても燃費が良く、ハイブリッドカーなどはリッター30キロ越えなんて当たり前になっています。
ハイブリッドカーでも、最近は値段も安くなってきてはいるのですが、それでもハイブリッドじゃない車に比べたらまだまだ高いです。では、実際にハイブリッドカーにしたら本当に特になるのでしょうか。

 

ハイブリッドカーは、電気の力を借りて車を動かすことにより高い燃費を保っています。
これは、普通の車に比べてより大きなバッテリーを積んでいる事を意味します。
バッテリーは、普通の車なら数万円で買えます。
しかし、ハイブリッドカーなどに搭載しているバッテリーはそれよりも遥かに高い金額が必要です。
つまり、バッテリーの交換が必要になったらすごい高い金額が必要になるのです。
結局、壊れた時の事を考えると、さして燃料費に変わりはありません。
この事を知らない人は多いです。

 

ハイブリッドカーを買うときは、ガソリン代が安くなると思うと壊れた時に辛い思いをします。
安くなるではなく、ガソリン代の先払いをしていると考えた方がいいでしょう。