過酷な東北の冬

高校卒業と同時に中古車を購入。ホンダの黒ライフ。全体的に丸い形でお気に入りの相棒。東北の冬は寒く路面は凍ります。私の住んでいる地域ではそこまで大雪にはならず、降っても30センチ程度。寒くなってくると、「今年はどうしよう。スタッドレスタイヤ、まだ大丈夫かな?」と、不安になってきます。

 

東北の冬は、スタッドレスタイヤ無しで過ごすなんてできません。知り合いに「俺買う金ないからスタッドレスタイヤ無しで過ごしたわ〜」なんて言っている人がいましたが、危険です。スタッドレスタイヤ装着していても滑るのに、滑ったらどうしているのか聞いてみたところ「ギアをバックに入れる」との事。危ないので絶対に真似をしないでください。タイヤって結構するんですよね…軽自動車だから乗用車に比べれば安いんですが、お給料そんなに高くないので、痛い出費です。

 

そんな私を見かねて、父が提案してくれたのがタイヤの新古品。車に中古車があるようにタイヤにもそういったものがあり、新品で買うより安い。タイヤの購入で悩んでいる方はぜひ新古品を調べてから検討して欲しいです。そう、彼みたいにスタッドレスタイヤ無しで雪道走行は絶対にやめてください。本当に危ないですから。さて、タイヤとは別のお話になりますが、去年の冬の事。寒いのが大嫌いで本当に苦手な私。冬の朝はなかなか起きられません。

 

ですが、車に雪が積もったらまずは降ろさないと走れないので仕方なく雪下ろし。エンジンスターターを付け、車内を暖めながら雪を降ろす。その日の雪はずっしりと重く、身長の低い私はなかなかそれを降ろせませんでした。降ろせるところだけして、真上は残った状態で走行。いつもの事だったのでそのまま出勤。その途中、前の車がブレーキをかけたので私もブレーキをかけたら雪が前にざざーっと落ちてきました。まったく前がみえなくなり、ワイパーを動かしても雪が重くてまったく動かない。怖かったです。

 

いつもワイパーを動かせば落ちていた雪がまったく落ちない。窓を開けて前を確認しながら車を脇に止め、雪を降ろして再び走行しました。事故にならなくて本当によかった。その後、うっすら積もった雪でもきちんと降ろしてから乗るようになりました。雪が降ったときは、きちんと雪下ろしをしてから乗りましょう!